2009年より、今まで生活の一部となっていたアシュタンガヨガのスタジオを作ろうと決意。まだまだ勉強不足ですが、仲間と楽しみながら、アシュタンガヨガを広げていきたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

ゴヴィンダ先生WSのちらしについてあやちゃんとミーティングを重ね、そろそろ最終段階になってきました。




image001_convert_20100121205326.jpg



皆さん、しばしお待ちを~




4月は忙しいです。

やはり大好きなケンせんせWS!!!!!

何度か大阪・東京に受けにいこうとしてたのですが、タイミングが悪く・・・



ケンせんせ・ゴヴィせんせが来られるなんてホントうれしい限りの4月です。

ちなみに私のバースディは4月19日です





正直、ゴヴィせんせの日程きめの時は迷いましたが。。。。。

このタイミングを失うと、いつ来てもらえるかがわからなくなる・・・・・

と思いきっての決断でした。


是非、ワークショップ参加くださいね



私は初めて受けたのは去年の岡山でのWSでしたが、
今までの思っていた印象も変わり、有無を言わさないアジャスト、チャンティングのすごさ等、すごく貴重な時間でした。


WSの感じ方はそれぞれ違うと思いますが、ゴヴィせんせ、とりあえず受けてみてください。
じゃないときっと後悔すると思います




ところで~

幼稚園から短大まで全て一緒の幼馴染の樹美ちゃんから。


素敵な絵本を頂きました。


おおきな木おおきな木
(1976/01)
シェル・シルヴァスタイン

商品詳細を見る



私の今を見てプレゼントしてくれたんだと思うんだけど

読んで切なくなりました。
この絵本深いです。

愛について・・・・・


幸せについて・・・・・・



人間ってやっぱり強欲だから、何が幸せなのかわからなくなるときがあります。

物質的なもの?

心が満たされることって?


人を好きになるって?
自己愛って?

無償の愛って?

見返りを求めないのが本物の愛なのか?


周りから見て幸せそうに見えたら、幸せなのか?

本気で人を好きになるの本気って何?

一瞬心を奪われたけど、さめるとき



結局、セックスって何なのか?
何のためにするのか?

セックスで湧き出る感情は一体何なのか?



永遠の愛なんてないと思ったとき

いとおしいと感じた瞬間に意地悪をしたくなるとき

相手を独り占めしたいとき

何もかも捨てていいと思ったとき


お互いを尊重するって・・・・・
実際、壁があるように感じるのは何故?


恋愛にはバカ正直は通用しない



相手を傷つけたと感じると
同時に自分も傷つく



切なくなりすぎて

心臓が痛くなったとき



すごく会いたくてたまらないとき


相手を感じて 涙が出るとき







別れを受け入れなければならないとき・・・・・・・・










本読んで感じたままのことを書いてみました。

機会あったら読んでみてくださいね。



いつも支えてくれてる、周りの方々に感謝です




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
e-443幸せかあv-10

幸せってほんとよくわからんよねv-12ひとから幸せって思われててもそうじゃない人や人から幸せと思われたくて、がんばってる人や・・・・ホントわからんよね。

アタシは今、思うに子供ができて自分の幸せより子供の幸せを少し考えるように変わってきたかなe-351
でも自分の幸せってなんだろうね
少し思うに・・・お父さんが死んだ時あたし思ったのはお父さんって幸せだったんかなーーーーーーって考えたことがあるよ。

きっとこれが幸せとは誰も決めれんで自分が死ぬときにはわかるんかもねe-441

まあ今は迷いながら精一杯後悔のないように生きることが一番かもねe-348
2010/01/22(金) 10:56 | URL | まるこ #-[ 編集]
e-51まるこ

コメントありがとう。

生きるって事、幸せについてって深いところを追求していったらキリがないよね。

色々人生の選択をするときに 後悔しないのか?これでいいのか?と自問自答したらまたよくわからなくなって、スパイラルに陥ってしまう。

みんなそうなんだろうね。

皆自分なりのバランスをとって生きていってるんだろうと思います。

・・・・何かまじめすぎるe-257

今度必ず遊びに行くね~
2010/01/22(金) 16:55 | URL | noco #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://happyyoga0419.blog6.fc2.com/tb.php/83-8fdebacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック