2009年より、今まで生活の一部となっていたアシュタンガヨガのスタジオを作ろうと決意。まだまだ勉強不足ですが、仲間と楽しみながら、アシュタンガヨガを広げていきたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、本をお借りしました。

すっごく読みたかったということは無く、

話しててふと手にした本。



本はよく読むので、自分でも買いに行ったり探してましたが、

ふと思わぬ時に手にする本って


読む時期なんだと素直に思います。



とても面白いです。


私は一気に読みたいタイプなので、時間があるときにって今まで思ってたんですが、

最近は小分けにして読んでます。



今回手にした本は、


読むべきものだと実感してます。

本もすごい確立での出会いですよね。



何の本かは


ご想像にお任せです



ごめんなさい、あさおさん!





でも今回の本は秘密にしておきます。



きっと・・・・



読むべき時がきたらきっと手にする時がくるから
スポンサーサイト
昨日、鍵川さんの旦那さんに髪切ってもらったよ。


すっきり~~



ここ何年もずっとロングだったから

久しぶりだよ~


自分的にお気に入り

20100628140220[1]_convert_20100628205933

お久しぶりの更新です。


最近暑いですね~。



ところで。



最近仲良くしてもらってる方から、


『ここ最近元気が無い気がする』


と。



サプライズでお花を頂きました




DSC00818_convert_20100622200910.jpg


嬉しかった~

ホント嬉しかった~。


私はバラが一番好きですが、



芍薬も大好き


DSC00819_convert_20100622201023.jpg


花言葉は


威厳・荘厳・はにかみ



こんなお話も・・・・

芍薬は医薬の神として有名なパイオエーンと言う人にまつわる話に登場してきます。


医薬の神パイエオーンは、出産の女神レトに教えられて、ある時オリンポスの丘の上の不思議な植物を採りに行き

ました。当時レトはゼウスの子を妊娠しており、陣痛を軽くするためにその植物の根を使ったと言います。

 パイエオーンはその植物を使って多くの人々を治療し、名声を得ましたが、有名人を妬む人も世の中にはいま

す。皮肉なことに、パイエオーンの場合は師匠であるアスクレピオスに妬まれ、後に殺されてしまいました。

 パイエオーンの死を知った冥王ハデスは、彼をかつて自分を治してくれた薬草に変えました。そして、その薬草

をピオニー―芍薬と呼ぶようになりました。また、芍薬を紹介したレト自身が、パイエオーンの死を悼んで、ゼウ

スに頼んで芍薬に変えてもらったという話もあるようです。


昔から聞く言葉

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」

お花ってきれいだし癒されるし、エピソード、面白いですよね。


今日は蕾だったトルコキキョウが咲いてました

嬉しいし、ずっと見てしまう



癒される~



最近、ちょっと気持ち的に無理をしてた事もあったので、これで浄化です。



今度OHANA屋さん、いこうっと




おまけ~

DSC00813_convert_20100622200715.jpg


たにきちさんじゃないよ~

フラダンスもやられてる楠さんだよ~

いつも素敵な靴下はかれてます。

元気になれるよ!!!!
今度みなさんも見てほしいなっ!
















週末、タリックのマイソールを受けてきました。


すごく楽しかったな~


久々に色々アジャスト頂きました


素敵なタリックせんせ

オーガナイザーのヨッキーさん、


ありがとう~





で。。。。。。。



私が昔から尊敬してる、バレエのせんせから急に連絡を頂いて、ご飯食べに行きました。
もう3年以上(もっとかも・・・)お会いしてないせんせで、少々緊張でした。

ちなみに、私の感性を一番磨いて頂いたせんせなんです。


ほぼ毎日スタジオにこもってて、踊りの面以外でも影響をたくさん受けてました。


でも、踊りに関してはすごく見守られてて、

時には厳しかったし、


時には自由を認めてもらって、



でも、かなり過保護にされてました



私が大好きなせんせだし、すごく私の理解者でいてくれる師匠です。


相変わらず美しかったです



せんせに付き合って、白ワインを頂きましたが、

すごく楽しいお酒だったので

全く気持ち悪くならなくって

色々人生のお話もできて、

充実しました



舞台に立った人ならこの感覚わかると思うんだけど。


舞台の本番ほど怖いものってないですよね?
私はものすっごく怖かった。


 
せんせが酔ってたのか


『あなたは世の中に怖いって思うものが必要!』


って言われちゃった・・・・・・・・



昔から


『のりちゃん(せんせにはこう呼ばれるんです)は自分の感性を出せる場が無いとバランスが取れないよ。』


って言われてて、


私は舞台に立つことがもうすっごく自分の中でストレスになってしまってて

《踊らなくても生きていけるから》って思ってたけど

ちょっと自分の事がわかってしまった。


理屈じゃない説得力  とか


感じる感覚  とか。





何のタイミングかわからないけど、


滅多に生徒と個人的な付き合いをしないせんせが誘ってくれて嬉しかったですし、


人間愛というか。


すご~~~~~~~~く温かい空間で、愛を感じました。


人生論できて良かったな



結局、せんせのスタジオの来月の舞台の手伝いを約束させられちゃったけど




久しぶりに楽しみでもあります。





今度気分転換にバレエのレッスン行こうかな~

20100607204510[1]

私が一番好きなせんせの舞台姿(曲はアヴェ・マリア)